スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルト化と毛糸の種類

ニットバッグをフェルト化した際、フェルト化の甘い部分ができました。

F1001092.jpg

この部分の毛糸は、ユザワヤのオリジナル毛糸 『 マンセルメリノクイーン 』 です。
マンセルメリノは防縮加工とはなっていないので、フェルト化するハズなのですが。

この毛糸は、とても柔らかく肌触りが良い。
ハマナカのエクシードウールに似た手触りです。(私的感想です)
もしかしたら、エクシードウールと同じ様な加工がされているのかもしれません。

もし、エクシードウールと同じ様に、繊維表面のスケールを削るか何かの加工がされているとすると、
フェルト化は本当にし難いです。
スケール有ってのフェルト化ですから。

フェルト化を考えた時、
≪ 柔らかさ ≫ ≪ 肌触りのやさしさ ≫ を全面に押し出したウールは避けるべきなのかもしれません。


おばさんはひとつ賢くなりました♪





Comment

非公開コメント

プロフィール

豆

Author:豆
休憩多めで生活中。
老眼のお年頃。
末っ子は小学生。
手編みの靴下が好き。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(小物)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
カウンター
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。